すごい2

どーも!

昨日のブログの続きです。
昨日の続きでありつつ4/16のブログが結果
的にフリになってるわけです。
タイトルが「すごい」のやつです、そのま
んまですけどそれしかもう思いつかなかった
ゆえのタイトルです。
そんで今日のタイトルが「すごい2」てほんま
えーかげんにしとけよって思われる方もおられ
るでしょうがほんますごいんでしゃーないす。
4/16付けのブログを読んで昨日のブログを
読んでこのブログを読むことをお奨めします。

なにがすごいって財布を購入したんですよ。
革の財布です。
これがほんまにスゴくてボクも革製品に興味
ないし正直財布なんてなんでもいい派なんで
すけど寺田町にいてはるすごい革職人に出会
ってしまったんがことの発端なんです。

先日この方の工房におじゃましたんですが
もう普通のマンションの一室なんですけど
中に入ったらもう別世界で1930年代とか
1920年代とかもう何年代なんかはよく分か
らんけどとにかく古き良きアメリカという
かとにかく映画のセットのようなスキが
全くないかっこよさがある環境で道具とか
も超アナログでこりまくりなわけです。

で、その時製品の説明をうけたんですけど
まず普通に革を縫うと革から糸の厚みが
出てしまってフラットにならないと。
だから糸の厚み分だけ革に堀り込みを入れ
るんですってその時点でマジでーってなっ
て完全にそこからもうこの偉人のペース
ですよ。
正直この部分だけで購入を決めました。
こんな細かい所に拘る人が大雑把な仕事
するわけないんでね。

他にも小銭入れるとこのジッパーもレア
なパーツやったりとか最後の最後に押す
ブランドマークのスタンプはもちろん
財布を入れる箱まで拘りまくったもう
何回も言いますけどスキが全くない。
そのブランドの名はMORNINGSTAR。

もしそこに込められた思いや世界観を大切
にしたいと思える方はボクに言ってくれれ
ば紹介させていただきますが彼もかなりの
真剣な気持ちでやってます。
どんなにお金がある人でも半端な気持ち
ならやめた方がいいと思うんです。
お金とかそんな次元じゃないんです。

彼自身の理想が高く今だ自分の世界観を
具現化できていないとの思いから雑誌等
の取材のオファーは全て断っています。
※今回は了承を得ています。
これ宣伝じゃないんで、念のため。
フルハンドメイドなんで注文が大量に
はいったところで生産がおいつかない
もんなんです。

まーボクは昨日入手してからというもの
ケツのポケットから魂感じてニヤニヤし
てます。

あと告知です。
明日日曜のイベントなちゅらるBORNカレー
の翌日は休業となります。来週は火曜から
通常営業しますのでヨロシクお願いします。

それでは本日のメニュー
豆カリー⇒水菜、焼き豆腐¥750
肉カリー⇒牛リブフィンガーのカレー¥850

ご来店お待ちしておりまーす!!!!!

1 / 11